管理部・経営者必見|機械警備のコスト削減方法を徹底解説!

警備システムは、施設・建物への不正な侵入や、大切な資産の盗難や破壊を防ぐための不可欠なサービスとなります。その中でも特に重要な役割を果たしているのが、常駐警備機械警備の2つの形態です。これらはどちらも警備の目的を達成するための手段でありながら、その運用方法や特性は大きく異なります。

常駐警備は、人間の警備員が対象地域に常駐し、直接的な安全確保を行う形態を指します。

一方、機械警備は、最新の技術を活用したセキュリティシステムにより、人間の警備員が直接的に関与しない形で安全を確保する形態を指します。

それぞれの利点欠点、適用するべき状況などを理解することで、より効果的な警備を行うことが可能となります。本章では、冒頭で2つの警備形態の違いと機械警備のコスト削減方法について詳しく解説します。これからコスト削減の取り組みをする際の一つの参考になることでしょう。

複合機で発生する費用の全体像を把握する

常駐警備とは?

常駐警備とは、専門の警備員が警備対象時間帯において、施設や建物の安全を確保する警備方式を指します。その名の通り、警備員が常に現地に滞在し、不審者の侵入や突発的なトラブル、火災などにすぐに対応することが可能です。

また、常駐警備は人間が行うため、機械警備と比べて柔軟性があります。例えば、不審者との対話や、状況に応じた判断が可能です。さらに、警備員が見回りを行うことで、犯罪抑止効果も期待できます。しかし、その反面、人間が行うためのコストや人的リソースが必要となり、これらは機械警備と比較するとコストが高くなる傾向にあります。

これらの特性を理解した上で、自社のセキュリティニーズに合った警備方式を選択することが重要です。次節では、これとは異なる特性を持つ機械警備について詳しく解説します。

機械警備(監視カメラなど)

機械警備は、人間が直接警備する常駐警備とは異なり、様々なセンサーやカメラ、アラームシステムなどを組み合わせて行われる警備の形態です。これらの機器は、指定されたエリア内で異常が発生した場合に即座に反応し、警報を発する、あるいは必要に応じて通報するといった機能を持っています。

機械警備は、人間の目や耳には捉えられない細かな異常も検知することが可能であり、24時間365日体制での監視が可能というメリットがあります。また、人手を必要としないため、人件費の削減や、人間が介在しないことでの情報漏洩のリスクを低減するという利点もあります。

一方で、機械が検知する範囲や精度は機器の性能に大きく依存し、設定やメンテナンスに専門的な知識が必要となるなどのデメリットも存在します。そのため、機械警備を選択する際には、自身の警備ニーズや予算、設備の性能などを総合的に考慮する必要があります。

また、機械警備は設置や保守にコストがかかるため、その導入に際してはシステムの適正な評価や運用計画が重要となります。

機械警備の仕組み

機械警備とは、警備員が物理的に現場にいるわけではなく、センサーなどの機械やシステムを利用して遠隔から警備を行う方式のことを指します。

機械警備の仕組みとしては、監視カメラやセンサーなどが設置されたエリアで異常が検知されると、その情報が警備会社に伝達されます。警備会社では、その情報をもとに専門のオペレーターが状況を分析し、必要に応じて警察や消防などに連絡を行う流れになっています。

機械警備費のコスト削減方法を解説

現状の契約条件、警備仕様を整理・可視化

機械警備費のコスト削減には、まず現状の契約条件警備仕様の整理・可視化が必要です。契約内容を詳細に理解することで、必要以上の費用が発生していないか、または不必要なサービスに対して支払っていないかを確認することができます。警備仕様の整理については、どのエリアが警備の対象となっているのか、どの時間帯に警備が必要なのか、といった具体的な要件を明確にすることで、適切な機械警備のプランを選択することが可能となります。

また、警備システムの選定もコスト削減に大いに関係します。例えば、センサーを使用した機械警備では、人の動きを感知して警報を発するタイプや、カメラで映像を撮影し、異常を検知するタイプなど、様々なシステムが存在します。これらのシステムはそれぞれコストや対応可能な範囲が異なるため、自社の警備需要に最も適したシステムを選定することで、無駄な出費を抑えることができます。

さらに、機械警備の効果的な運用方法についても理解しておくことが重要です。例えば、不正侵入のリスクが高まる夜間や休日だけ機械警備を強化する、昼間は人の目を信じて警備を軽減するなど、時間帯による警備強度の調整が考えられます。こうした運用方法を取り入れることで、警備費用の最適化を図ることが可能となります。

警備業者への見積もり依頼

機械警備によるコスト削減を実現するためには、各警備業者へ見積もり依頼が欠かせません。各社の提供する機械警備サービスの内容や料金、サポート体制などを比較検討することで、最適な取引先を選出するとともに、よりコストパフォーマンスの高い運用を実現できます。

まず、見積もり依頼の際には、自社の警備ニーズ予算を明確にすることが重要です。具体的な警備範囲、必要な機器の数や種類、活用したい機能など、詳細な要件を伝えることで、それに見合った適切な見積もりを得られます。

また、複数の業者から見積もりを取ることで、相場感を掴みやすくなります。一方で、料金だけでなく、サービスの内容や質、アフターサポート体制なども考慮に入れることが必要です。たとえば、故障時の対応スピードや、定期的なメンテナンスの有無、24時間体制の監視サービスなど、長期的な運用を見据えた観点からも比較検討することが重要です。

最後に、見積もりを基に業者との交渉も忘れずに。必要な機能やサービスを維持しつつ、より良い警備システムを導入できる可能性があります。多角的な比較検討と交渉により、機械警備のコスト削減を実現しましょう。

取引先の集約によるコスト削減

機械警備費のコスト削減の一つの手段として、取引先の集約と仕様の見直しが挙げられます。まず、取引先の集約とは、警備サービスを提供している業者を一つにまとめることです。警備サービスを多くの業者から受けている場合、それぞれの業者が異なる料金設定やサービス内容を持っていることが多く、費用が膨らむ原因となります。そのため、一つの業者に集約することで、サービス内容や費用の見直しが可能になり、全体の警備費用を抑えることが可能となります。

特に、これまで店舗や支店任せで取引先を選定している場合や、M&A後の取引先の見直し・集約ができていない場合については、集約することでもコストメリットが大きく出る可能性がございます。

ただし、これらの施策は専門的な知識を必要とするため、外部コンサルティング企業の活用や、プロフェッショナルな警備会社との協議や、相談が必要となる場合もあります。

まとめ

本記事では、常駐警備と機械警備の違いと機械警備のコスト削減方法について、詳しく解説しました。機械警備はセンサーやカメラを使用するなどの特徴を持ち、その仕組みや必要性についても詳しく解説しました。また、機械警備の費用についても触れ、コスト削減方法についても記載しました。

機械警備の仕組みは、センサーやカメラを利用して異常を検知し、アラームを鳴らしたり、警備会社や管理者に通報するものです。機械警備を導入することにより、24時間365日の警備体制を構築できる他、機械費用のみでの警備体制となり、(常駐警備)と比べて、コスト削減効果を期待することができます。

機械警備費のコスト削減方法としては、効率的な設置場所の選定や、必要な機能だけを選ぶなどが考えられます。また、機械警備システムの選定時には、維持費や更新費用も考慮に入れることが重要です。

無料のコスト削減可能性額を診断実施中

UPSHIFTでは無料のコスト削減可能性額診断を行っております。自社の間接材購買領域を見直すことで、どの程度の削減が出るのか、またどういった品目から優先してコスト削減に取り組むべきかの可視化・分析をいたします。

間接材購買領域の適正化を進めたいが、どの品目から着手したらいいかわからない方や、コスト削減の効果が出るのか事前に知りたい方、UPSHIFTと一緒にコスト削減を進めたい方は、是非無料診断を受けてみてください。