UPSHIFTの間接材コスト削減サービス

Cost management

間接経費(間接材・サービス)を、長年専業で培った情報やノウハウを活用し、適正価格で購買できる様にサポートしていきます。

UPSHIFTの間接材コスト削減サービス

Cost management

間接経費(間接材・サービス)を、長年専業で培った情報やノウハウを活用し、適正価格で購買できる様にサポートしていきます。

コスト削減事例

印刷・複合機の費用

平均コスト削減率40%

機器本体料金・カウンター料金の削減から、複合機のコスト削減プランをご提案します。また使用実態に合わせて最適スペックの提案も行っております。

携帯電話の費用

平均コスト削減率35%

3大キャリアの相対プランから、お客様の使用実態に最適な契約プランを提案いたします。

電気料金単価

平均コスト削減率25%

市場連動型プランから、固定単価型プランまでお客様のご要望に合ったコスト削減プランを提案いたします。

機械警備費

平均コスト削減率30%

現状の警備条件を変えず、現状の警備費用のコスト削減を提案いたします。

高速道路利用料

平均コスト削減率20%

NEXCO発行のコーポレートカードを利用し、高速道路利用時のコストを削減いたします。

印刷物全般

平均コスト削減率20%

チラシやパンフレット、伝票などのコスト削減を行えるサプライヤを調査し、コスト削減の提案をいたします。

UPSHIFTが
選ばれる理由

UPSHIFTのサービスが選ばれる3つの理由

UPSHIFTが
選ばれる理由

UPSHIFTのサービスが選ばれる3つの理由をご紹介します。

成功報酬型のサービスの為、導入リスクが無い

成功報酬型でのコスト削減サービスとなるため、コスト削減効果が出ない場合についてはサービス費用をいただいておりません。本サービスを通して得られるメリットに対して報酬を頂戴するため、サービス導入時のリスクを極限まで排除しております。※導入サービスによって報酬形態が変わることがございます。

実行支援型での支援の為、導入時の手間を最小化

データ分析から要件定義、市場調査などコスト削減を実現するまでに発生する作業を全てUPSHIFTで対応いたします。そのためお客様側での手間を最小限に抑え、本業務へ専念しながら利益を最大化することが可能となります。※意思決定や、各種データのご提供などをお客様に対応いただきます。

お客様の購買代理として最適選択肢へ導く

UPSHIFTはお客様の購買代理としてお客様側に立ち、貴社の購買条件の最適化をご支援します。購買業務の一部をUPSHIFTへアウトソースすることで、第三者としてのノウハウや、これまでの実績データなどを活用し、お客様に合った最適な契約条件を引き出すことができます。

Service flow

Service flow

01

全体支出把握

総勘定元帳分析により全体支出の把握を行い、市況やトレンドをおさえたコスト削減可能性額を試算し、取り組み品目提案から、取り組みの優先順位づけを行います。

01

全体支出把握

総勘定元帳分析により全体支出の把握を行い、市況やトレンドをおさえたコスト削減可能性額を試算し、取り組み品目の提案から、取り組みの優先順位づけを行います。

02

購買実態の把握

UPSHIFTでは現在の購買実態の把握・可視化に力を入れております。契約書や請求書、担当者へのヒアリングを通じて購買実態を把握させていただきます。

02

購買実態の把握

UPSHIFTでは現在の購買実態の把握・可視化に力を入れております。契約書や請求書、担当者へのヒアリングを通じて購買実態を把握させていただきます。

03

コスト削減シナリオ構築

購買実態を把握後、購買実態と品目の特性や市況を踏まえて、最適なコスト削減戦略を立案いたします。

03

コスト削減シナリオ構築

購買実態を把握後、購買実態と品目の特性や市況を踏まえて、最適なコスト削減戦略を立案いたします。

04

コスト削減戦略実行

策定したコスト削減戦略をUPSHIFT主導のもと実行し、戦略実行の結果を比較表にしてご提示させていただきます。

04

コスト削減戦略実行

策定したコスト削減戦略をUPSHIFT主導のもと実行し、戦略実行の結果を比較表にしてご提示させていただきます。

05

新条件確定

お客様にて今後の契約先企業・契約条件をご選定いただき、サプライヤと直接のお取引を開始していただきます。

05

新条件確定

お客様にて今後の契約先企業・契約条件をご選定いただき、サプライヤと直接のお取引を開始していただきます。

コスト削減支援実績

0 以上
取り組み品目数
0 億円
総コスト削減額
0 %
平均削減率

製造業

総勘定元帳分析から支出傾向を洗い出し、市況や弊社ベンチマークをもとにコスト削減取り組み品目を提案。第一フェーズとして電気料金/機械警備費/電気保安点検委託料の3品目に注力し、6,200万円のコスト削減を実現。
機械警備費のコスト削減では、取引先が5社以上に分散していたが、1社へ集約しボリュームメリットを活かした価格交渉を実施し、コストダウンを実現。更に契約先の統一による業務効率化を実現。

データセンター

総勘定元帳分析から支出傾向を洗い出し、市況や弊社ベンチマークをもとにコスト削減取り組み品目を提案。第一フェーズとして施設管理委託費/生命保険料/損害保険料/複合機の4品目に注力し、1,000万円のコスト削減を実現。
施設管理コストでは、数十年間仕様の見直しを行われておらず、現状の仕様がオーバースペックだった為、仕様の見直し及び取引価格の適正化を実現。

Contact

コスト削減に注力する社内リソースが足りない、会社目標に対してコスト削減インパクトが足りない、どのようにコスト削減すればいいかわからないなど、コスト削減や、業務改善に関する課題があればお気軽にお問い合わせください。

Contact

コスト削減に注力する社内リソースが足りない、
会社目標に対してコスト削減インパクトが足りない、
どのようにコスト削減すればいいかわからないなど、
コスト削減や、業務改善に関する課題があればお気軽にお問い合わせください。