製造業必見|間接材コスト削減で利益を最大化する方法

製造業における間接材コスト削減は非常に重要な利益最大化戦略の1つとなります。

本記事では、冒頭で直接材と間接材の違いを簡単に解説し、その上で間接材領域でのコスト削減を実現するための具体的な施策について事例を含めて解説いたします。製造業界の経営層、管理部の方の参考になれば幸いです。

製造業におけるコスト削減の目的

製造業におけるコスト削減の目的は複数の要素に分けられますが、最も目指すべき点は、利益率の向上です。製造業のコスト構造は、大きく直接材コストと間接材コストの二つに大別されますが、どちらを削減するにせよ、企業の収益性を高めるための手段となります。また、コスト削減は企業間の競争力強化にもつながります。製品の価格や無駄な支出を抑えることで、市場での競争力を高め、シェアの拡大を狙うことが可能となります。

しかし、これらの目的を達成するためには、どの部分を重点的に削減するか、どのように取り組むべきか、といった戦略が必要となります。これからは、製造業でコスト削減が見込める間接材コストに焦点を当て、その削減の進め方や注意点について詳しく解説していきます。

製造業でコスト削減しやすいのは間接材コスト

製造業における間接材品目とは?

多くの製造業では直接材の最適化を進めており、間接材の最適化については手がついていないケースが多いです。そのため、コスト削減の余地が見込めるのが間接材コストと言われています。

しかし、製造業での間接材とは、一体何を指すのでしょうか?

間接材とは、製品を直接作るための原材料や部品ではなく、製品製造の過程で必要となる消耗品や設備、機械のメンテナンスなどを指します。例えば、工場で使用される清掃用具や、エネルギー費用、工具類、MRO、警備費用、機械保守費用、機械のオイル交換や修理などがこれに該当します。

これらの間接材コストは、製造業全体のコストの中でも一定の割合を占めており、その管理が適切に行われていないと大きな無駄につながることがあります。そのため、間接材コストの削減は、全体のコスト削減に大きく寄与する要素となるのです。

本記事では、製造業における間接材品目の詳細を解説し、その削減に向けた取り組み方法についても触れていきます。間接材コスト削減のポイントを理解し、業績向上につなげるための一助としてください。

製造業で行う間接材コスト削減の進め方

間接材コストの可視化と優先順位付け

製造業における間接材コスト削減の最初の一歩は、優先順位の決定です。

優先順位を決めるためには、まず全ての間接材コストの概略を把握し、金額の規模と削減想定額、そしてコスト削減難易度から評価を行う必要があります。基本的には削減見込みが大きく、削減難易度が高くない領域からアプローチすることがセオリーとなります。

取り組み優先順位が決められず闇雲にコスト削減を推進する場合、見込み効果が少ない領域から着手してしまうこともあるでしょう。そのような状況を回避するために、コストの可視化と優先順位の決定が重要な工程となります。

コスト削減を行うための3つの視点

間接材品目は多岐に渡るため、品目によってコスト削減アプローチの手段を異なる場合がございます。間接材購買最適化に向けた視点として抑えておきたいのは大きく3点です。

①競争環境を構築し、契約単価を下げる
②契約先企業の集約を行い、スケールメリットを活かす
③商品やサービスの過剰スペックを避ける

以下で1点ずつ詳細について解説します。

①競争環境を構築し、契約単価を下げる

製造業は歴史がある企業が多く、間接材品目の調達先として数十年以上の付き合いがあるという会社も珍しくはありません。そのような場合、定期的に新規サプライヤーを招聘し、コンペを行っている会社はあまり多くございません。

このような場合、取引価格が数十年前から固定されていたり、度重なる値上げの中で自社の契約価格が市場と見比べて最適化判断できていないケースが大変多くございます。

そのため、定期的に新規サプライヤーを招聘し市場価格を取得、現在の価格が適正価格であるか調査をする必要があると考えております。

②契約先企業の集約を行い、スケールメリットを活かす

製造業では工場や営業所が増える際に、全社一括でスケールを活かした調達活動ができていないケースが多くあります。新設する工場や拠点ごとに契約先を選定することで、個別最適化としては十分ですが、折角の企業スケールを活かした調達ができていないのは非常に残念なことです。

自社の契約先企業を可視化して、理由もなく複数のサプライヤーと契約しているということであれば、今すぐ見直しの対象に含めて良いでしょうか。企業規模(スケール)を活かした最適な購買条件を引き出し、支出を抑えましょう。

③商品やサービスの過剰スペックを避ける

現在発注・契約しているサービスや商品が適正なスペックであることは定期的に見直しされているでしょうか。例えば、施設管理費の1つである清掃委託に関して見てみましょう。数十年前に契約した際には従業員数が集中しており、清掃を週2回設けていました。現在、従業員がテレワークなど分散傾向にある一方で、清掃頻度などは見直されておらず、週2回行っているケースが多々あります。

特に新型コロナ流行以降は働き方改革が大幅に進み、テレワークやリモートワークといった働き方が当たり前になりました。このような大きな変革の際に、適正な仕様やスペックの水準が大きく変わる傾向にあります。

その他、複合機なども上記の変革によって使用量が減っているなど、見直しの対象となるでしょう。是非、最新の貴社の状況を踏まえて現在の仕様・スペックが最適であるか検証をしてみましょう。

定期的にコストの見直しをする

上記まで間接材コストを見直した後に重要なことは、定期的にコストの見直しを行うことです。製造業における間接材コストとは、原材料やエネルギー、人件費などの直接的な生産コスト以外の、メンテナンス費用や事務経費、設備の減価償却費などを指します。これらは製品ごとのコストに直接関連していないため、見えにくい部分となりがちですが、全体のコスト構成において無視できない部分を占めています。

この間接材コストを定期的に見直すことで、無駄な出費を見つけ出し、削減することが可能となります。定期的にコストの見直しを行うことで、常に最適なコスト構成を維持することができ、製造業における利益向上に繋がります。

製造業でのコスト削減で注意すること

業務の質や生産性が下がるコスト削減は行わない

製造業でのコスト削減を進める際には、業務の質や生産性が下がるような措置は避けるべきです。一見、経費を削減できると見えても、生産性の低下や品質の劣化を招くリスクを孕んでいる場合があります。

例えば、安価な材料を使用することでコストを抑えることは可能ですが、それが製品の品質を落とす結果となれば、長期的に見て企業の信用失墜や販売量の減少など、大きな損失を招く可能性があります。また、人件費を削減するために人員を減らすと、作業負荷が増え従業員のモチベーション低下労働環境の悪化につながり、結果的に生産性の低下をもたらすことになります。

したがって、コスト削減を行う際には、その対策が生産性や品質にどのような影響を与えるのかを事前に評価し、ネガティブな影響を最小限に抑えることが重要です。また、コスト削減の効果を最大化するためには、全体最適の視点からの経営判断が求められます。業務の効率化や生産工程の改善など、生産性を上げることでコストを削減する方法を優先的に探求するべきです。このようなアプローチにより、製造業でのコスト削減と品質維持・向上を両立することが可能となります。

まとめ

製造業におけるコスト削減の目的は、製品の価格競争力を向上させるためだけでなく、企業の持続的な成長と利益増加にも寄与します。特に間接材コストは、その多様性とコントロールの難しさから見逃されがちですが、適切な管理と削減策を行うことで大きなコスト削減効果が期待できます。間接材コスト削減の進め方としては、全体の流れを把握し、無駄なコストを見つけ出すことが重要です。

また、供給業者との交渉や、間接材の標準化など具体的な施策も有効です。しかし、品質や安全性を損なわず、長期的な視点でコスト削減を行うことが必要です。この記事を通じて、製造業におけるコスト削減の重要性と具体的な進め方について理解を深め、持続的な成長を達成するための一助となれば幸いです。

無料のコスト削減可能性額を診断実施中

UPSHIFTでは無料のコスト削減可能性額診断を行っております。自社の間接材購買領域を見直すことで、どの程度の削減が出るのか、またどういった品目から優先してコスト削減に取り組むべきかの可視化・分析をいたします。

間接材購買領域の適正化を進めたいが、どの品目から着手したらいいかわからない方や、コスト削減の効果が出るのか事前に知りたい方、UPSHIFTと一緒にコスト削減を進めたい方は、是非無料診断を受けてみてください。